コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三熊露香(読み)みくま ろこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三熊露香 みくま-ろこう

?-? 江戸時代中期-後期の画家。
三熊花顛(かてん)の妹。京都鳴滝の人。松村月渓にまなび,桜花の写生を得意とした。寛政10年(1798)刊「続近世畸人(きじん)伝」の挿絵を担当している。画集に「倭花(やまとのはな)名品」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

三熊露香

生年:生没年不詳
江戸中期の画家。洛西鳴滝村(京都市右京区)出身。三熊花顛の妹。呉春に学ぶが,兄に倣って桜を描き,織田瑟々と並称される桜の名手となる。作品に「糸桜図」(白鹿記念酒造博物館蔵)がある。

(安村敏信)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android