コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三熊花顛 みくま かてん

3件 の用語解説(三熊花顛の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

三熊花顛

江戸中期の画家。京都生(一説に加賀生)。名は思孝、字は海棠、別に介堂と号する。幼時より画を好み、長崎の画家大友月湖に就いて学ぶ。写生画風に長じ、殊に桜の画を得意とした。伴高蹊著『近世畸人伝』の挿絵を描き、また『続近世畸人伝』を著す。俳諧も能くした。寛政6年(1794)歿、65才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三熊花顛 みくま-かてん

1730-1794 江戸時代中期-後期の画家。
享保(きょうほう)15年生まれ。京都にすみ,とくに桜花の写生で知られた。伴蒿蹊(ばん-こうけい)と「近世畸人(きじん)伝」を企画し,挿絵を担当。続編は花顛が文を,妹の三熊露香が絵をかいた。寛政6年8月26日死去。65歳。加賀(石川県)出身。名は思孝。字(あざな)は介堂。通称は主計。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

三熊花顛

没年:寛政6.8.26(1794.9.19)
生年:享保15(1730)
江戸中期の画家。露香の兄。名は思孝,字は介堂。長崎の画家大友月湖に学ぶが,竜虎や鳳凰など見もしないものを描いても仕方がないとして,日本特有の桜を描くことに専念する。俳人でもあった。『続近世畸人伝』全5巻(『東洋文庫』)を編む。

(安村敏信)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三熊花顛の関連キーワード羅城古満休伯(3)柴居三鍼千柄菊旦長万年樗雲徳純吉田子方柳枝

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone