コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三笑亭可楽(7世) さんしょうていからく[ななせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三笑亭可楽(7世)
さんしょうていからく[ななせい]

[生]1886.1.31.
[没]1944.4.12.
落語家。本名玉井長之助。2世談洲楼燕枝の門弟。5世桂才賀などを経て 1926年7世可楽となる。3世柳家小さんを崇拝し,その演目を多く継承,いぶし銀の芸と評された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

三笑亭可楽(7世)の関連キーワード落語家門弟

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android