ナンバースクール

デジタル大辞泉「ナンバースクール」の解説

ナンバー‐スクール

《〈和〉number+school》設置順を示す数字を校名につけた学校。特に、旧制第一高等学校から第八高等学校までをいう。→高等学校2
[補説]旧制高校のナンバースクール一覧
旧制高校略称現在の名称設置年所在地
第一高等学校一高東京大学明治19年(1886)東京
第二高等学校二高東北大学明治19年(1886)仙台
第三高等学校三高京都大学明治19年(1886)京都
第四高等学校四高金沢大学明治19年(1886)金沢
第五高等学校五高熊本大学明治19年(1886)熊本
第六高等学校六高岡山大学明治33年(1900)岡山
第七高等学校造士館七高鹿児島大学明治34年(1901)鹿児島
第八高等学校八高名古屋大学明治41年(1908)名古屋

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「ナンバースクール」の解説

ナンバー‐スクール

〘名〙 (洋語number school) 旧学制で、校名に「第一」「第二」など設立順を表わす数のついていた高等学校。第一高等学校(一高)から第八高等学校(八高)までをいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android