ナンバースクール

デジタル大辞泉の解説

ナンバー‐スクール

《〈和〉number+school》設置順を示す数字を校名につけた学校。特に、旧制第一高等学校から第八高等学校までをいう。→高等学校2
[補説]旧制高校のナンバースクール一覧
旧制高校略称現在の名称設置年所在地
第一高等学校一高東京大学明治19年(1886)東京
第二高等学校二高東北大学明治19年(1886)仙台
第三高等学校三高京都大学明治19年(1886)京都
第四高等学校四高金沢大学明治19年(1886)金沢
第五高等学校五高熊本大学明治19年(1886)熊本
第六高等学校六高岡山大学明治33年(1900)岡山
第七高等学校造士館七高鹿児島大学明治34年(1901)鹿児島
第八高等学校八高名古屋大学明治41年(1908)名古屋

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ナンバー‐スクール

〘名〙 (洋語number school) 旧学制で、校名に「第一」「第二」など設立順を表わす数のついていた高等学校。第一高等学校(一高)から第八高等学校(八高)までをいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android