柳家小さん(3世)(読み)やなぎやこさん[さんせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

柳家小さん(3世)
やなぎやこさん[さんせい]

[生]安政4(1857).8.3. 江戸
[没]1930.11.29. 東京
落語家。本名豊島銀之助。目白の武家の生れ。常磐津節を習い,4世都々逸坊扇歌の門に入り,のち禽語楼小さんの弟子になった。上方落語を東京風に取入れて成功,夏目漱石をして天才といわしめた。『らくだ』『うどんや』などが得意。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android