コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三要素式利源別配当方式

保険基礎用語集の解説

三要素式利源別配当方式

生命保険における契約者配当金を計算する方式です。生命保険契約剰余金は、実際利回りが予定利率を上回るときに生じた利差益、実際死亡率が予定死亡率より下回るときに生じた死差益、実際経費が予定された付加保険料の範囲内でまかなわれたことによって生じた費差益の3つの源泉から生じたものです。

出典 みんなの生命保険アドバイザー保険基礎用語集について 情報

三要素式利源別配当方式の関連キーワード生命保険

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android