剰余金(読み)ジョウヨキン

百科事典マイペディアの解説

剰余金【じょうよきん】

(1)財政上,1会計年度における収納済歳入額から支出済歳出額を差し引いた残額(歳計剰余金,財政法41条),または歳計剰余金から歳出繰越財源所要額と税の増収による地方交付税総額の増加額を差し引いたもの(純剰余金)をさす。後者の1/2以上を公債・借入金の償却財源にあてなければならない(財政法6条)。なお年度経過中に税の増収等により予測される歳入超過額を国庫剰余金と呼び,旧憲法下では予備費と同様に扱われたが,現行法上は許されない。(2)企業会計上,自己資本の一つ。企業会計原則によれば,純資産額が法定資本の額を超える部分をさし,利益剰余金資本剰余金とがある。後者は資本取引から生じ,株式発行差金,無額面株式の払込剰余金,合併差益,減資差益等からなる。法務省令の計算書類規則によれば,純資産額が資本金法定準備金の合計額を超える部分。任意積立金,当期未処分利益に大別される。(3)相互会社組織の生命保険会社の純益金(保険業法)。
→関連項目国庫余裕金利益準備金

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

株式公開用語辞典の解説

剰余金

自己資本のうち、資本金を超える部分が剰余金である。剰余金には、資本剰余金と利益剰余金がある。剰余金は、日本の企業会計上、2つの異なった意味を持つ。企業会計原則の場合の剰余金の意味は、会社の純資産額である自己資本のうち、法定資本である資本金以外の部分のことであり、商法の計算書類規則の場合の剰余金の意味は、会社の純資産額である自己資本のうち法定資本である資本金、および法定準備金以外の部分のことである。

出典 株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント株式公開用語辞典について 情報

会計用語キーワード辞典の解説

剰余金

純資産から資本金を差し引いた金額を剰余金といいます。ただし、純資産が資本金よりも大きい場合は、その差額を欠損金といいます。剰余金は資本剰余金と利益剰余金に分けられます。資本剰余金→資本取引から生じた剰余金のことをいいます。利益剰余金→損益取引より生じた剰余金のことをいいます。

出典 (株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」会計用語キーワード辞典について 情報

保険基礎用語集の解説

剰余金

生命保険の営業保険料は、予定基礎率に基づいて算出されており、各予定と実績の差により、剰余金が生ずる場合があります。剰余の源泉は、計算基礎に対応して、?予定死亡率と実際死亡率との差に基づく死差損益?予定利率と実際利回りとの差に基づく利差損益?予定事業費と実際事業費との差に基づく費差損益の3つがあります。

出典 みんなの生命保険アドバイザー保険基礎用語集について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じょうよきん【剰余金 surplus】


[会計用語]
 株式会社の自己資本の主要な構成要素の一つである。この用語は通常,大別して二つの意味に用いられている。一つは,会社の自己資本を表す純資産額が法定資本としての資本金額を超える部分のすべてをいう場合で,日本の〈企業会計原則〉がとっている用語法である。いま一つは,法務省令としての〈計算書類規則〉がとっている用語法で,会社の純資産額が資本金および法定準備金(資本準備金と利益準備金)の合計額を超える部分をいう場合である(逆に,純資産額が資本金および法定準備金の合計額に不足する場合は,その不足額を〈欠損金〉という)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じょうよきん【剰余金】

収入から支出を引いて残っている金額。使い残りの金。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

剰余金
じょうよきん
surplus

会計上、貸借対照表の株主資本のうち資本金以外の金額をいう。株主資本の額から資本金を差し引いた金額であり、株主からの払込みの金額と企業内に留保された利益からなる。この株主からの払込みの金額は、資本剰余金とよばれ、留保された利益は利益剰余金とよばれる。企業会計原則は、資本取引と損益取引とを明瞭(めいりょう)に区別し、資本剰余金と利益剰余金とを混同してはならないとしている(企業会計原則一般原則3)。資本剰余金は資本取引から生じた剰余金であり、利益剰余金は損益取引から生じた剰余金(利益の留保額)であるから、両者を混同すると、企業の財務・損益状況が適正に示されないことになるとしている(企業会計原則注解、注2)。
 剰余金の金額は、会社法において規定されており、資産の額と自己資本の帳簿価額の合計額から負債の額、資本金および準備金の額の合計額等を差し引いた金額とされている(会社法446条)。資本剰余金は資本準備金とその他資本剰余金に区分し、利益剰余金は、利益準備金とその他利益剰余金に区分しなければならない(会社計算規則76条4項)。なお、これらの項目は、適当な名称を付した科目に細分して表示することができる。会社法においては、株主が払込みをした金額の2分の1を超えない額は、資本金として計上しないことができるため、この金額を資本準備金として計上しなければならない(会社法445条)。また、株式会社が剰余金の配当をする場合に、配当の10分の1の金額を資本準備金または利益準備金として資本金の4分の1に達するまで計上しなければならない(会社法445条)。その他利益剰余金は、任意積立金のように株主総会や取締役会の決議に基づき積み立てられるものについては、その内容を示す科目で表示され、それ以外については繰越利益剰余金として表示される。[中村義人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の剰余金の言及

【決算】より

…しかしながら決算はすでになされた収入,支出の実績を示すものであるため,国会への提出は単なる報告案件と解されており,したがって国会における審議および議決は収入,支出そのものの効力に影響を及ぼすものではなく,予算の執行を行った内閣の政治的責任を問うものであると解釈されている。(3)決算上の剰余金 予算と決算とは一致することが理想ではあるが,実際には多少の相違を生ずるのが普通である。また,決算上歳入が歳出を下回ることはありえないので,結局ある程度の剰余が生まれることとなる。…

【資本】より

…したがって,企業会計上の資本概念も,今日では資産,負債の各概念とともに,このような考え方のもとで規定されなければならなくなったわけである。 株式会社が作成する貸借対照表の資本の部には,現行の会計諸則のもとでは,大別して,(1)資本金,(2)資本準備金,(3)利益準備金,(4)剰余金,の四つの項目が記載されるのが通例である。これらのうち,(1)の資本金は原則として株主が拠出した株式資本金から構成され,(2)の資本準備金も株主が拠出した株式払込剰余金を主要な構成要素としているので,これら二つの項目は合わせて株主の拠出資本とみても大過ない。…

【準備金】より

…会社の純資産額が資本額を超える額のうち,利益として配当することなく会社に留保する金額をいう。積立金または剰余金とも称されるが,準備金は利益の算出に当たり純資産額から控除されるべき計算上の数額にすぎないのであって,特別の具体的な財産をいうのではない。これには,法定準備金と任意準備金がある。…

【配当】より

…実際に配当される額は,次のようになる。純資産額から,資本金,すでに積み立てた資本準備金,利益準備金を差し引いたものは,貸借対照表上,剰余金であるが,この剰余金からすでに積み立てている任意準備金を差し引いたものが当期未処分利益(損失となる場合は当期未処理損失となる)である。当期未処分利益からその期に積み立てなければならない利益準備金を差し引き,また定款あるいは株主総会でその期に積み立てる旨定めた任意準備金を差し引き,さらに役員賞与を差し引いたものが株主に配当される。…

※「剰余金」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

剰余金の関連情報