コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三輪良平 みわ りょうへい

美術人名辞典の解説

三輪良平

日本画家。昭和4年(1929)京都生。山口華楊師事し、晨鳥社に学ぶ。日展入選を重ね、昭和36年第四回新日展で特選・白寿賞受賞、また翌年第五回展で菊華賞受賞。裸婦大原女舞妓を題材に清麗な女性美を描き出している。日展評議員。京都市住。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三輪良平 みわ-りょうへい

1929-2011 昭和後期-平成時代の日本画家。
昭和4年10月29日生まれ。山口華楊(かよう)に師事。昭和27年日展に初入選,31年「裸像」,35年「舞妓」がともに特選。59年日展評議員。平成23年4月20日死去。81歳。京都出身。京都市立美術専門学校(現京都市立芸大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

三輪良平の関連キーワード清水宏斎藤寅次郎稲垣浩マキノ雅広島津保次郎内田吐夢小津安二郎溝口健二五所平之助田坂具隆

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android