コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山口華楊 やまぐち かよう

美術人名辞典の解説

山口華楊

日本画家。京都生。名は米次郎。生家は友禅の染色を業とする。幼年より西村五雲に師事する。京都絵専に学び、卒業と同時に竹内栖鳳の竹杖会の研究会に参加する。京都画壇の伝統である写実の精神をふまえ、近代的主知的な芸術感覚で、花鳥画、とりわけ動物画に秀でる。日展審査員・顧問。芸術院会員文化功労者。文化勲章受章。昭和59年(1984)歿、84才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

やまぐち‐かよう〔‐クワヤウ〕【山口華楊】

[1899~1984]日本画家。京都の生まれ。本名、米次郎。動物画にすぐれ、官展で活躍。文化勲章受章。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

山口華楊【やまぐちかよう】

日本画家。京都市生れ。本名米次郎。西村五雲に師事。京都市立絵画専門学校卒。1921年竹内栖鳳の画塾竹杖会に参加。1927年《鹿》,1928年《猿》が帝展で連続特選。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山口華楊 やまぐち-かよう

1899-1984 大正-昭和時代の日本画家。
明治32年10月3日生まれ。山口玲煕(れいき)の弟。西村五雲にまなぶ。帝展特選となった「鹿」「猿」で動物画家として定評を得,代表作は昭和29年の「黒豹」。画塾晨鳥(しんちょう)社を主宰。芸術院会員。56年文化勲章。昭和59年3月16日死去。84歳。京都出身。京都市立絵画専門学校(現京都市立芸大)卒。本名は米次郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やまぐちかよう【山口華楊】

1899~1984) 日本画家。京都生まれ。本名は米次郎。官展で活躍。動物画を得意とした。作「鹿」「猿」「仔馬」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山口華楊
やまぐちかよう

[生]1899.10.3. 京都
[没]1984.3.16. 京都
日本画家。本名米次郎。友禅染の彩色家の次男として生れる。 1916年京都市立絵画専門学校別科に学び,入学年に第 10回文展に入選,画壇に認められた。のち母校の教授をつとめる。動物,花鳥画に長じ,伝統的な写生の手法に近代的な心理表現を加えた独自の画境を開く。 71年日本芸術院会員,80年文化功労者に選ばれ,81年文化勲章受章。主要作品『日午』 (1916) ,『赤松ノ山』 (20) ,『鹿』 (26) ,『黒豹』 (54) ,『月夜野』 (71) ,『生』 (73,山種美術館) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

山口華楊の関連キーワード奥田 正治良入江酉一郎猪原 大華三輪良平中路融人寺島紫明河合健二昭和時代竹内浩一山口玲熙西村卓三川島浩四条派梶喜一岩倉寿山口

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山口華楊の関連情報