特選(読み)トクセン

デジタル大辞泉「特選」の解説

とく‐せん【特選/特×撰】

特別にすぐれたものとして選び出すこと。また、そのもの。「―品」
展覧会などで、審査の結果、特にすぐれていると認められること。また、そのもの。「―で入賞する」
[類語]粒揃い有数優れる秀でる偉い優等優秀秀逸錚錚そうそう一廉ひとかど長ずるける良い良好良質優良選り抜き選りすぐる選抜簡抜抜粋精選厳選粒選り一粒選り選り抜く白羽の矢が立つ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「特選」の解説

【特選】とくせん

特に選任する。〔後漢書、王允伝〕中元年、る。特にばれて豫州刺に拜せらる。~巾の別帥を討して、大いに之れを破る。~受數十なり。

字通「特」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android