コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三部形式 サンブケイシキ

デジタル大辞泉の解説

さんぶ‐けいしき【三部形式】

一つの楽曲が三つ楽節からなる形式。同一または類似の第一部分・第三部分の間に、対照的な性格の中間部が置かれることが多い。三部分形式。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんぶけいしき【三部形式】

最も基礎的な音楽形式の一。八小節を一単位とする三つの楽節によって構成され、 A (呈示)― B (対照)― A (再現)の形をとる。三部分形式。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

三部形式の関連キーワードシューベルト:アレグレット ハ短調/piano soloウィンナ・ワルツダカーポアリアカバティーナギリシア文学宮廷バレエスケルツォリート形式音楽形式歌謡形式ショパン即興曲マーチ再現部越天楽トリオ呈示楽式

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android