同一(読み)ドウイツ

デジタル大辞泉の解説

どう‐いつ【同一】

[名・形動]同じであること。一つのものであること。差のないこと。また、そのさま。「成人と同一に扱う」「同一犯人」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どういつ【同一】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
同じであること。別のものでないこと。また、そのさま。 「 -人物」 「 -の目的」
等しいこと。差のないこと。また、そのさま。 「両者を-に扱う」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

どう‐いつ【同一】

〘名〙 (形動)
① 別物でなく、そのものであること。
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉六「喜怒を共にし、憂楽を同ふし、以て同一の目的に向ふ可き乎」
② 二つ以上の物事の形状・性質・程度などが等しいこと。差がないこと。また、そのさま。
※太平記(14C後)二四「一草一木各一因果、山河大地同一仏性の故に」
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉三「四民同一(ドウイツ)自主自立の権を給はり」 〔韓詩外伝‐五〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

同一の関連情報