同一(読み)どういつ

精選版 日本国語大辞典「同一」の解説

どう‐いつ【同一】

〘名〙 (形動)
① 別物でなく、そのものであること。
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉六「喜怒を共にし、憂楽を同ふし、以て同一の目的に向ふ可き乎」
② 二つ以上の物事の形状・性質・程度などが等しいこと。差がないこと。また、そのさま。
※太平記(14C後)二四「一草一木各一因果、山河大地同一仏性のに」
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉三「四民同一(ドウイツ)自主自立の権を給はり」 〔韓詩外伝‐五〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「同一」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android