三陸大津波(読み)サンリクオオツナミ

デジタル大辞泉の解説

さんりく‐おおつなみ〔‐おほつなみ〕【三陸大津波】

三陸海岸を襲った津波のうち、明治以降に起こった最大級のもの。歴史的には、三陸沖地震による明治29年(1896)6月15日、昭和8年(1933)3月3日のものについていわれてきたが、平成23年(2011)3月11日、東北地方太平洋沖地震によって明治以降最大とみられる津波が発生して甚大な被害をもたらした。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

三陸大津波の関連情報