コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三陸大津波 サンリクオオツナミ

デジタル大辞泉の解説

さんりく‐おおつなみ〔‐おほつなみ〕【三陸大津波】

三陸海岸を襲った津波のうち、明治以降に起こった最大級のもの。歴史的には、三陸沖地震による明治29年(1896)6月15日、昭和8年(1933)3月3日のものについていわれてきたが、平成23年(2011)3月11日、東北地方太平洋沖地震によって明治以降最大とみられる津波が発生して甚大な被害をもたらした。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

三陸大津波の関連キーワードベルリオーズ アレクサンドル三陸鉄道北リアス線岩手県宮古市釜石(市)田老〈町〉普代(村)巨釜半造津波石田老

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三陸大津波の関連情報