コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津波 つなみ tsunami

翻訳|tsunami

8件 の用語解説(津波の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

津波
つなみ
tsunami

地震津波ともいう。海底の地震や海底火山の爆発など,地殻変動が原因となって起る波長の長い波。長いものは数百 km に及ぶ波が,10分~1時間の周期で数十回にわたって押寄せる。波高は洋上ではたいしたことはないが,浅海,特に奥の狭い湾内などに入ると急に高くなり,10m をこす場合もあり,きわめて大きな被害を起すことが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

津波

海底の大地震で海底に上下方向の地殻変動が生じると、その上の海水が乱され、長波として伝播する。この波は波高に比べて波長が極めて長く、沖合では波と認識されないが、海岸に近づき海が浅くなると急に高さを増し、津波となる。海岸の地形によっては10m以上の高さになることもある。地震や火山噴火による海岸の山崩れ、海底の地滑りなどでも起こる。伝播速度は水深の平方根に比例し、水深5000mの海では毎時約800kmになる。日本は、近海の地震のほか、南米などの遠隔地の地震からも津波被害を受ける。

(阿部勝征 東京大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

津波

海溝や沖合の活断層で地震が起き、海底が隆起したり沈んだりして海面が大きく変動した際に発生する波。水深が深いほど速く伝わり、沖合ではジェット機並み(時速約800キロ)になる。速度が遅くなる陸地近くでは、後ろから追いついた波の力でどんどん高くなる。沿岸での高さ以上の標高まで駆け上がることがある。標高が高いほど、津波のリスクは低くなる。

(2013-03-03 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

つ‐なみ【津波/津浪/海嘯】

地震や海底火山の噴火などによって生じる非常に波長の長い波。海岸に近づくと急に波高を増し、港や湾内で異常に大きくなる。地震津波。→津波警報・注意報

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

津波【つなみ】

ふつうは地震津波を意味し風津波と区別する。海底地震の際の地殻変動によって生じる非常に波長の長い(数百kmに及ぶ)大周期の海水の波動。海底火山の爆発や海底地すべりで起こる場合もある。
→関連項目貞観津波

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

海の事典の解説

津波

地震による海底の隆起・陥没によっておこされた波を津波という。急速な海底面の変動は、海表面にその形状と同じ形の変位を起こし、これが長波として周囲に 広がる。浅海域に侵入するにしたがい波高を増すが、港湾での共振、V字湾等での地形的な増幅作用により沿岸域に大きな被害をもたらす。海底あるいは沿岸域 での火山爆発や地滑りによって起こる津波もある。高潮を風津波と呼ぶことがあり、それと区別するときは地震津波と呼ぶ。 (永田)

出典|(財)日本水路協会 海洋情報研究センター
Copyright(C) Marine Information Research Center, Japan Hydrographic Association. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

つなみ【津波 tsunami】

本来は,平常は波静かな“津”(港)に突然おそろしい災害をもたらす“波”という意味。古くは海嘯(かいしよう)という言葉もつかわれた。現在ではtsunamiは国際語になっている。
[津波の原因と規模]
 海洋には太陽や月の引力にもとづく潮汐や,低気圧や風によるうねりや風波がつねに存在し,また台風などによっては高潮が発生する。津波はこれらにはよらず,突然発生する周期が数分から1時間程度の波をいう。その原因の一つに火山噴火がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

津波
つなみ

おもに地震に伴う海底地形の急変によって発生し海洋を広く伝わる波。まれに海底火山の噴火、海岸付近の山崩れ、海洋上での核実験など、大規模で衝撃的な力によっても生じる。湖などでも観測されることがある。外洋では目だたないが、沿岸の浅い所へ伝播(でんぱ)してくると、波高を増し、大きな災害を引き起こすことがある。沖合いの漁船などでは気づかずに港や湾で異常に大きくなることから、津波(津は港の意味)とよばれるようになった。国際用語としても、日本語から転じたtsunamiが用いられている。過去には台風などによる高潮(たかしお)も津波として扱われ、暴風津波、風(かぜ)津波、気象津波などとよばれ、地震によるものを「地震津波」とよんだ。高潮はおもに孤立波的な海面上昇であるが、津波は数分~100分程度の周期で海面が上下動を繰り返し、数時間から数日間続く。[岡田正実]

津波の発生

地震の際は地下の断層を境にして、両側で急激なずれが発生する。大地震が比較的浅い所で発生すると、変動の範囲が大きく、影響が地表面(海底)まで及ぶことがある。地震時の地殻変動は急激に進行するので、海底地形の上下変化と同様な形で海面の凹凸が生じ、それが津波(重力長波)となって周囲へ伝播する。海岸での山崩れの場合は、土砂等の流入により海面に衝撃的な力が作用し、津波が発生する。
 津波の進行速度は水深の平方根にほぼ比例し、vで表される。ここで、vは津波の伝播速度、は重力加速度、hは水深である。水深4000メートルの海洋では毎秒約200メートルときわめて速く、沿岸近くの浅い所でも秒速10メートル前後に達する。深い所のほうが速く、津波が回り込むので、進行方向が浅いほうへ曲がる。津波の波長は水深と周期によって決まるが、周期20分だとすれば、外洋では200~300キロメートルにもなる。津波が伝播する際は、1波長当りのエネルギーがあまり変化しないので、浅い所に進入すると波長が短くなり、波高が大きくなる。沿岸部では、波の屈折、回折、反射などの影響が著しく、エネルギーの集中・発散がおこるとともに、海底摩擦などの効果もあって、波形が急激に変化する。このため、津波の高さと卓越周期が場所によって大きく異なり、波のエネルギーが集中するような場所ではとくに大きな波高となる。海岸の沖に浅瀬が発達している場合や、リアス式海岸の湾の奥は大きな津波になりやすい。また、津波の周期と湾の固有振動(セイシュ)の周期が一致すると共振をおこし、湾の奥では大きな波高となる。[岡田正実]

過去の大津波

人的被害を伴う大津波は、10年に1回程度の割合で日本沿岸に襲来している。歴史的にみると、日本のほとんどの海岸が大津波に襲われているが、明治時代以降では三陸地方に多い。三陸沖の海底で大地震が多く発生することに加え、V字形に切れ込んだリアス式海岸なので急に狭くなる湾奥で津波が大きくなりやすい。1896年(明治29)の明治三陸津波(死者約2万2000人)、1933年(昭和8)の三陸津波(死者・行方不明者3064人)では湾奥で海抜20メートル以上に達して大災害をもたらした。さらに、2011年(平成23)3月11日の東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)に伴う大規模津波では、岩手県~福島県沿岸の各地で10メートル以上に達した。この東日本大震災では、死者1万6019人、行方不明者3805人(消防庁発表、2011年10月時点)を含む甚大な被害が発生したが、大部分は津波によるものであった。
 日本海沿岸では1983年の日本海中部地震の津波で死者100人を含む大被害を受けた。また、1993年(平成5)の北海道南西沖地震では、230名の死者・行方不明者があったが、その約80%は津波によるものであった。
 津波は地中海、大西洋の一部などでも発生するが、太平洋とその周辺にとくに多い。1960年のチリ地震津波は、太平洋を隔てたハワイや日本沿岸にも大きな被害をもたらした。2004年にスマトラ島沖で発生した巨大地震とそれに伴うインド洋大津波では、死者・行方不明者が22万人以上に及んだ。
 地震以外の津波では、1883年のインドネシアのクラカタウ島の大噴火で高さ10メートルから30メートルの大津波がおこり、周辺の村々を流失させ、約3万6000人が死亡した。また、1792年(寛政4)島原半島の眉山(まゆやま)が地震を契機に大崩壊して有明海(ありあけかい)に流れ込んだために津波が発生し、約1万5000人の死者が出た。1958年にアラスカのリツヤ湾で発生した山崩れでは津波が海抜525メートルの高さまで達している。[岡田正実]

観測と対策

津波の観測は、おもに潮汐(ちょうせき)観測用の検潮儀で行われている。通常の潮汐とともに、津波などによる潮位変化が記録される。その記録から、津波の到着時刻、第一波の初動、津波の山から谷までの高さを表す波高、平常の潮汐または平均海面などから測定した津波の高さなどを観測する。
 しかし、高さが2~3メートルを超えると、検潮儀では十分観測できないことが多い。そこで、海底に設置した水圧計や流速計、空中または海底から超音波を発射して海面の高さを測定する波高計、GPSで海面高度測定するものなども利用されている。津波警報および防災活動のために、多くの観測データが気象庁へ送られ、津波来襲時にはテレビやラジオでその高さが放送される。また、外洋で早急に検知するために、深海で運用する特別な海底津波計が開発され、太平洋周辺部などに展開されている。これらは、東日本大震災時にも津波を監視したり解明するのに大きな役割を果たした。大きな災害が発生した後には、いろいろな機関で現地調査が実施され、津波の痕跡(こんせき)などから、その場所での津波の高さの測定などが行われる。人工衛星では、地形変化や浸水範囲が測定できる。これらも津波の実態を解明するうえで貴重な資料となっている。
 大地震が発生し、津波の襲来が予想される場合は、津波警報が発表される。津波警報システムは過去に大きな津波災害を被った国々で運用されている。日本では気象庁が担当しており、津波警報や津波注意報が発表されると、ただちに防災機関へ伝達され、テレビやラジオを通じて報道される。津波警報が発表されたときは、陸上の人は速やかに高台など安全な場所へ避難し、港内にいる船舶はできるだけ沖へ出て、津波に備えることがたいせつである。大津波になると、波の前面が砕けながら進み、激流となって襲ってくるので、きわめて危険である。津波に気づいてから逃げても間に合わないことが多い。津波が襲来する恐れがある海岸・港などで防災活動上やむをえず作業するときは、救命胴衣を着用し、絶えず海の状況を注意しながら行う。なお、震源が海岸に近い場合は、数分以内に津波が襲来して警報が間にあわないこともあるので、沿岸にて地震を感じたら、すぐに津波に対して警戒する必要がある。津波に対する施設として、比較的危険性の高い地域には避難路・避難場所の案内板が設置されている。三陸沿岸などでは大きな防潮堤(または防波堤)がつくられており、平常時は人や車が通れるように所々に通路が開けられているが、津波のおそれがあるときは通路や水門を閉鎖し、海水の浸入を防ぐようになっている。[岡田正実]

調査と研究

津波の発生・伝播および遡上など、津波および直接的に関連する現象の解明のために、コンピュータを用いて津波シミュレーション(数値実験)が数多く行われている。その際、初期波形(発生機構)は地震断層モデルで求めることが多い。海洋中の伝播は流体の運動方程式に基づいて数値的に逐次計算され、海岸および沖合で得られた観測データと比較される。また、津波シミュレーションは、防潮堤の設計などに利用されており、津波の観測データから津波の発生過程を調べることにも活用されている。海岸付近での津波の挙動は非常に複雑で、このような研究とともに、大きな水理模型などを用いた実験も行われている。基本的な調査として、波源域または震央から伝播するようすを示す津波伝播図がつくられる。この図をみると、伝播時間やエネルギーの集中・発散の概略がわかる。これまでに数多く作成され、津波シミュレーションの結果とともに、津波予報に利用されている。津波の規模の決め方はいくつか提案されているが、日本では、海岸での高さと影響範囲から津波の規模を-1から4までの6段階に分ける、今村‐飯田(いいだ)の津波マグニチュードが比較的よく使用されている。
 津波の規模は、津波の全エネルギーや波源域の面積に関係があり、地震のマグニチュードが大きくなるにつれて大きくなる傾向がある。地震時の断層破壊が比較的ゆっくり進行し、地震があまり大きくないにもかかわらず、大きな津波を伴う地震を津波地震とよぶ。[岡田正実]
『和達清夫編『津波・高潮・海洋災害』(1970・共立出版) ▽菊池万雄著『日本の歴史災害』(1980・古今書院) ▽山下文男編著『写真記録近代日本津波誌』(1984・青磁社) ▽菊池万雄著『日本の歴史災害 明治編』(1986・古今書院) ▽高橋博・竹田厚・谷本勝利・都司嘉宣・磯崎一郎編『沿岸災害の予知と防災――津波・高潮にどう備えるか』(1988・白亜書房) ▽北海道新聞社編・刊『1993年7月12日北海道南西沖地震全記録』(1993) ▽大矢雅彦・木下武雄・若松加寿江・羽鳥徳太郎・石井弓夫著『自然災害を知る・防ぐ』第2版(1996・古今書院) ▽力武常次著『日本の危険地帯――地震と津波』新版(1996・新潮社) ▽清野政明著『防災への道しるべ 揺れる大地――地震・津波・火山噴火のしくみとその監視・予測』(2001・クライム) ▽下鶴大輔・津村建四朗・宮澤清治ほか著『日本災害史』全3巻(2001・日本図書センター) ▽渡辺偉夫著『最新版 日本被害地震総覧』(2003・東京大学出版会) ▽首藤伸夫他編『津波の事典』(2007・朝倉書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の津波の言及

【洪水】より

…木曾川下流域では大増水の際,〈やろかぁー,やろかぁー〉という叫びが聞こえ,これに応答すると水が浸入するという〈やろか水〉の伝説が語られている。沖縄では,霊魚が人間の言葉で津波の予告をしたという伝説があり,宮古の伊良部島には津波の直前,ヨナタマ(人魚)の声に気づいた母子だけが難をのがれた話が伝わる。陸前地方にはウンナン神(鰻神)が多く分布するが,やはり白髪のウナギが洪水を予告した伝説がある。…

【地震災害】より

…(2)隆起・沈降 上下方向に生じる地盤の変位である。(3)地すべり,山崩れ,崖崩れ,山津波 地盤が徐々に崩れる現象が地すべりである。それが,傾斜地などで突然的に生じれば山崩れあるいは崖崩れとなり,さらに,谷間などでそれらが大規模に発生すれば山津波となる。…

【高潮】より

…台風など強い低気圧によって海面が甚だしく上昇する現象をいい,沿岸に被害をもたらすことがある。暴風津波,風津波,気象津波などということもある。同じく沿岸地方に直接災害をもたらす津波と比べると,まず,生成のうえで津波はおもに海底での地殻変動によるものであり,時間スケールについて見ると,高潮が1~2時間あるいはそれ以上にわたるのに対して,後者は数分からたかだか1時間程度の周期をもつなど明らかな違いがある。…

【八重山地震津波】より

…1771年4月24日(明和8年3月10日)午前8時ころ,〈石垣島付近東南東数十粁の処を東北東西南西に走る線〉を震源地とし,マグニチュード7.4の地震が発生した。その結果,まもなく未曾有の大津波が八重山・宮古両列島(現,沖縄県)の島々村々を襲った。津波の被害が甚大で,〈明和の大津波〉とも呼ばれる。…

※「津波」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

津波の関連キーワード海震海底地震海底油田トラフ大地震地震津波海底の地震都市底魚(そこうお)ユースタシー地震・津波観測監視システム(DONET)

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

津波の関連情報