コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三陸沖地震 サンリクオキジシン

デジタル大辞泉の解説

さんりくおき‐じしん〔‐ヂシン〕【三陸沖地震】

三陸海岸沖を震源地とする大地震リアス式海岸のため津波による被害が大きく、明治29年(1896)6月15日のものでは死者2万人以上、昭和8年(1933)3月3日のものでは死者3000人以上、平成23年(2011)3月11日の東北地方太平洋沖地震では死者・行方不明者約1万9000人とされる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

三陸沖地震【さんりくおきじしん】

岩手県沿岸部三陸地方東方沖の日本海溝付近は外側地震帯にあたり,昔から大規模な地震が多く,震央海中にあるのと,海岸に凹凸が多く津波の被害の大きいのが特色。古くは869年(貞観11年),1611年(慶長16年)の両年が大きく,また1677年(延宝5年),1836年(天保7年),1856年(安政3年)の各年の地震にも大津波を伴った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さんりくおきじしん【三陸沖地震】

岩手県東方沖の日本海溝付近では,巨大な地震が起こり,三陸沿岸に大津波をもたらすことがある。明治以後では,表に示す1896年と1933年の地震が著しかった。津波の高さは前者がややまさったが,地震動は後者がはるかに強かった。前者は規模の割りに地震動が弱い特異な地震であり,地震の原因である断層の運動が通常の地震よりも遅い速度で進行したものと考えられている。津波の被害が大きい原因は,地震の規模もさることながら,三陸沿岸のリアス式の海岸地形が,湾奥での津波の高さを著しく増大させるからである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

さんりくおきじしん【三陸沖地震】

三陸沖に発生する大地震の総称。特に、1896年(明治29)6月15日と1933年(昭和8)3月3日に起こった地震では、大津波を伴い、多数の死傷者が出た。三陸地震津波。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三陸沖地震
さんりくおきじしん

青森、岩手両県の太平洋岸、三陸沖に発生する地震。沿岸から約200キロメートル沖の日本海溝沿いに発生するので、陸上での震度はV以下と弱いが、地震後約30分から1時間で、北海道から東北、関東地方沿岸を襲う大津波が発生している。過去のおもな大地震は以下のとおりである。
●三陸沖のおもな巨大地震
(1)発生年月日 1793年(寛政5)2月17日
 規模(M) 8.2
 断層型 逆断層?
 死者(人) 12か13
(2)発生年月日 1896年(明治29)6月15日
 規模(M) 8.5*
 断層型 逆断層
 死者(人) 21,959
(3)発生年月日 1933年(昭和8)3月3日
 規模(M) 8.1
 断層型 正断層
 死者(人) 3,008
(注:*については6.8説も有力。規模のMはマグニチュード。『理科年表』(1986)等による)
 三陸地方のリアス式海岸ではとくに波高が高くなり、上記の(2)の地震での最高波高は30メートルを超えた。(1)と(2)では余震が多く、(3)では少なかった。(1)による死者数は少なかったが、(2)、(3)ではともに甚大な死者を出した。この地震では三陸沿岸は相次いで津波に襲われるので、防潮堤を築いたり、集落を高地に移動させたり、対策を講じている。津波は太平洋を横切って、約6時間後に遠くハワイまで達し、さらに北アメリカ沿岸、チリ沿岸などにまで達している。[宇佐美龍夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

三陸沖地震の関連キーワード東日本大震災三陸地震津波三陸大津波三陸地震津波地震死傷者津波石総称

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三陸沖地震の関連情報