コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三・九クーデタ さんきゅうクーデタ

世界大百科事典 第2版の解説

さんきゅうクーデタ【三・九クーデタ】

第2次大戦末期,フランス領インドシナ(仏印)のフランス勢力を打倒するため,駐仏印日本軍第38軍(司令官土橋勇逸中将)が起こしたクーデタ。明号作戦ともいう。1940年の日本軍の北部ベトナム進駐,41年の南部進駐以来,仏印は事実上日本軍の支配下にあったが,政治・経済・軍事の主権は依然として仏印政府が握っていた。44年のパリ解放以来,仏印政府内部にド・ゴール派が台頭し,これとインドシナ上陸が予想される連合軍との連絡を恐れた日本軍は45年3月9日,突如ハノイ,サイゴン等でフランス駐留軍を攻撃して政庁を接収し,軍隊を武装解除した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三・九クーデタの関連キーワードチャン・チョン・キムバオダイ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android