三・九クーデタ(読み)さんきゅうクーデタ

世界大百科事典 第2版の解説

第2次大戦末期,フランス領インドシナ(仏印)のフランス勢力を打倒するため,駐仏印日本軍第38軍(司令官土橋勇逸中将)が起こしたクーデタ。明号作戦ともいう。1940年の日本軍の北部ベトナム進駐,41年の南部進駐以来,仏印は事実上日本軍の支配下にあったが,政治・経済・軍事主権は依然として仏印政府が握っていた。44年のパリ解放以来,仏印政府内部にド・ゴール派が台頭し,これとインドシナ上陸が予想される連合軍との連絡を恐れた日本軍は45年3月9日,突如ハノイサイゴン等でフランス駐留軍を攻撃して政庁を接収し,軍隊武装解除した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる