上原多市(読み)うえはら たいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上原多市 うえはら-たいち

1883-1916 明治-大正時代の大陸浪人。
明治16年9月生まれ。清(しん)(中国)の保定将弁学堂(将校養成所)を卒業し,明治39年日野強(つとむ)と中央アジアを旅行。伊犁(イリ)(新疆(しんきょう)ウイグル自治区)の武備学堂の総教頭となる。44年単身ロシア領にはいり,タシケント軍事探偵として投獄され大正2年釈放。大正5年9月死去。34歳。山口県出身。萩中学卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android