コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上原多市 うえはら たいち

1件 の用語解説(上原多市の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上原多市 うえはら-たいち

1883-1916 明治-大正時代の大陸浪人。
明治16年9月生まれ。清(しん)(中国)の保定将弁学堂(将校養成所)を卒業し,明治39年日野強(つとむ)と中央アジアを旅行。伊犁(イリ)(新疆(しんきょう)ウイグル自治区)の武備学堂の総教頭となる。44年単身ロシア領にはいり,タシケント軍事探偵として投獄され大正2年釈放。大正5年9月死去。34歳。山口県出身。萩中学卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

上原多市の関連キーワード尾崎良胤桂徳次釘貫久吉小池厳雄牧野貞寧松井芳雄本告辰二桃井日威柳下孤村大正時代美術

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone