コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上田喜三郎 うえだ きさぶろう

1件 の用語解説(上田喜三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上田喜三郎 うえだ-きさぶろう

?-? 幕末の蒔絵(まきえ)師。
江戸の人。安政年間(1854-60)を中心に活躍。鞍(くら)や鐙(あぶみ)など,馬具の蒔絵を専門にしたという。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の上田喜三郎の言及

【大本教】より

…94年,なおは金光教の布教師となり,いわば金光教の軒を借りて布教活動をつづけたが,のちに決別して,大本教を独立させた。98年,なおは稲荷講社で霊学や神がかりの行法を学んだ上田喜三郎(のちの王仁三郎(おにさぶろう))とめぐり会った。王仁三郎は翌年には稲荷講社所属の金明霊学会をつくり,非公認の大本教を権力や社会の弾圧から合法的に救うことになった。…

【出口王仁三郎】より

…京都府亀岡市穴太の小作農の長男に生まれた。旧名上田喜三郎。12歳で村の小学校の代用教員をつとめ,小作仕事,牧夫,車引き,牛乳販売などを経験。…

※「上田喜三郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

上田喜三郎の関連キーワード御物蒔絵春正蒔絵栗本阿波栗本長之助古満休意(1)古満休意(2)古満休伯(3)巣野不幽道与菱田成信