コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上田喜三郎 うえだ きさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上田喜三郎 うえだ-きさぶろう

?-? 幕末の蒔絵(まきえ)師。
江戸の人。安政年間(1854-60)を中心に活躍。鞍(くら)や鐙(あぶみ)など,馬具蒔絵を専門にしたという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の上田喜三郎の言及

【大本教】より

…94年,なおは金光教の布教師となり,いわば金光教の軒を借りて布教活動をつづけたが,のちに決別して,大本教を独立させた。98年,なおは稲荷講社で霊学や神がかりの行法を学んだ上田喜三郎(のちの王仁三郎(おにさぶろう))とめぐり会った。王仁三郎は翌年には稲荷講社所属の金明霊学会をつくり,非公認の大本教を権力や社会の弾圧から合法的に救うことになった。…

【出口王仁三郎】より

…京都府亀岡市穴太の小作農の長男に生まれた。旧名上田喜三郎。12歳で村の小学校の代用教員をつとめ,小作仕事,牧夫,車引き,牛乳販売などを経験。…

※「上田喜三郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

上田喜三郎の関連キーワード大本(おおもと)出口 王仁三郎出口王仁三郎出口 すみ出口 なを出口すみ子出口なお出口すみ植松抱民大本教

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android