コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上知・上地 あげち

大辞林 第三版の解説

あげち【上知・上地】

江戸時代、幕府が大名・旗本・御家人から、また大名が家臣から、それぞれの知行地を没収すること。また、その土地。じょうち。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報