コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上限金利 ジョウゲンキンリ

デジタル大辞泉の解説

じょうげん‐きんり〔ジヤウゲン‐〕【上限金利】

法律で定められた金利の上限。
[補説]平成18年(2006)に貸金業法等が改正され、平成22年6月に完全施行される以前、貸金業者は出資法の旧上限金利(年29.2パーセント)と利息制限法の上限金利(年15~20パーセント)の間のいわゆるグレーゾーン金利で貸し付けを行い、問題視されていた。施行後は、出資法の上限金利は20パーセントに引き下げられ、利息制限法との上限金利の差は解消された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

上限金利の関連キーワードグレーゾーン金利とみなし弁済規定大阪府の貸金業特区構想新貸金業規制法貸金業法の改正質屋業と貸金業多重債務者対策過払い金返還改正貸金業法消費者金融ノンバンク過払い利息見做し弁済法定利率公益質屋自殺統計公定歩合日掛金融約定金利約定利率法定金利

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上限金利の関連情報