上駒(読み)カミゴマ

大辞林 第三版の解説

かみこま【上駒】

三味線の弦をのせるために、棹さおの上端につける駒。三本の弦のうち第二・三弦の二本をのせる。竹・金属・象牙などで作る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かみ‐こま【上駒】

〘名〙 (「かみごま」とも) 三味線の弦を乗せるために、棹(さお)の上端に付ける駒。金属、象牙、竹などで作る。
俳諧・富士石(1679)三「かみごまや難波のよしは荻の声〈調幸子〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の上駒の言及

【駒】より

…形状は三味線に比べて,他の弦楽器の駒は円弧状である。三味線や胡弓では棹の上端に固定させた細長い棒状のものを上駒(かみごま)といい,駒と上駒で弦が支えられている。三味線では一の糸(最低音弦)の部分だけ上駒が省かれており,〈さわり〉(余韻をともなった複雑な音色)のくふうがなされている。…

※「上駒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上駒の関連情報