コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上駒 カミゴマ

デジタル大辞泉の解説

かみ‐ごま【上駒】

《「かみこま」とも》三味線胡弓(こきゅう)の棹(さお)の上端につける、竹製・金属製の。三味線では二の糸と三の糸をのせる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かみこま【上駒】

三味線の弦をのせるために、棹さおの上端につける駒。三本の弦のうち第二・三弦の二本をのせる。竹・金属・象牙などで作る。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の上駒の言及

【駒】より

…形状は三味線に比べて,他の弦楽器の駒は円弧状である。三味線や胡弓では棹の上端に固定させた細長い棒状のものを上駒(かみごま)といい,駒と上駒で弦が支えられている。三味線では一の糸(最低音弦)の部分だけ上駒が省かれており,〈さわり〉(余韻をともなった複雑な音色)のくふうがなされている。…

※「上駒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

上駒の関連キーワードスチール・ギターカーヌーンフレット触り金さわりサワリ三弦象牙触り

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

上駒の関連情報