コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下位子房 カイシボウ

デジタル大辞泉の解説

かい‐しぼう〔カヰシバウ〕【下位子房】

花びら・萼(がく)のつく位置より下にある子房。菊・アヤメなどにみられ、一般に上位子房より進化した構造とされる。子房下位。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいしぼう【下位子房】

花被や雄蕊ゆうずいより下部についている子房。ウリ科・キク科などに見られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

下位子房の関連キーワードマツムシソウ(松虫草)ハクチョウゲ(白丁花)リュウゼツラン科ツルアリドオシツチアケビウコギ科キク科ウリ科下部冠毛

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android