下工作(読み)したこうさく

精選版 日本国語大辞典の解説

した‐こうさく【下工作】

〘名〙 その事がうまく行くように、あらかじめ働きかけを行なうこと。根回し
※縮図(1941)〈徳田秋声〉日蔭に居りて「多分始める下工作だらうと思ってゐたら」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の下工作の言及

【根回し】より

…ふつう,正式の交渉や会議に先立って,これを円滑かつ有利に運ぶため,非公式な場で,通常個別的に,説得妥協を通じて事前に合意形成を図る政治技術をいい,下工作ともいう。元来は園芸上の用語。…

※「下工作」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android