コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下延ふ シタハウ

デジタル大辞泉の解説

した‐は・う〔‐はふ〕【下延ふ】

[動ハ下二]《「した」は心の意》心の中でひそかに思う。
「夏麻(なつそ)引く宇奈比(うなひ)をさして飛ぶ鳥の至らむとそよ我(あ)が―・へし」〈・三三八一〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

したはう【下延ふ】

( 動下二 )
心の中で恋しく思う。 「白玉の人のその名をなかなかに言ことを-・へ/万葉集 1792

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

下延ふの関連キーワード万葉集夏麻

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android