コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下関港

1件 の用語解説(下関港の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

下関港

山口県にある港。本州西端に位置し、関門海峡に面する。江戸時代には北前船の寄港地。明治期には対韓貿易の中心地として栄える。1962年1月設立。港湾管理者は、下関市。国際拠点港湾(2011年4月指定)。港湾区域面積は、5,177ヘクタール。日本初の国際定期フェリー航路である関釜航路(1970年~)や、中国青島航路など、多くの国際航路がある。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

下関港の関連キーワード北九州港岩国港小野田港小松港萩港丸尾港柳井港山口港由宇港早鞆ノ瀬戸

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

下関港の関連情報