下関港

デジタル大辞泉プラスの解説

下関港

山口県にある。本州西端に位置し、関門海峡に面する。江戸時代には北前船寄港地。明治期には対韓貿易の中心地として栄える。1962年1月設立。港湾管理者は、下関市国際拠点港湾(2011年4月指定)。港湾区域面積は、5,177ヘクタール。日本初の国際定期フェリー航路である関釜航路(1970年~)や、中国青島航路など、多くの国際航路がある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下関港の関連情報