関門海峡(読み)かんもんかいきょう

  • かんもんかいきょう クヮンモンカイケフ
  • かんもんかいきょう〔クワンモンカイケフ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

本州の西端下関市と,九州の北端北九州市門司区との間の海峡。古くは馬関海峡下関海峡とも呼んだ。北東から南西へ走る断層の影響を受けてできた海峡。西に彦島門司間を大瀬戸,彦島-下関間を小瀬戸と呼んだ。現在小瀬戸は埋立てられ,彦島は人工の陸繋島となった。周防灘響灘瀬戸内海と日本海,本州と九州を結ぶ交通の要衝である。水深約 10~30m。最狭部は下関市壇之浦と門司岬の間で,幅 670m。源平の壇ノ浦の合戦で安徳天皇入水の地として知られ,幕末にはイギリス,アメリカ,フランス,オランダの四国艦隊下関砲撃事件の舞台ともなった。付近は潮流が速い早鞆ノ瀬戸として有名。海峡は屈曲して交通の難所。国内外,大小の舶航行が多い。 1944年鉄道関門トンネル,58年国道関門トンネルが完成し,73年には関門橋,75年に新幹線用トンネルが開通。本州と九州間の交通も便利になった。関門橋を中心として東口付近は瀬戸内海国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

本州側の下関市と九州側の北九州市を隔てる海域。船が通る海の道「関門航路」が東西約50キロに渡って整備されている。東アジアなどと国内の主要港湾を結び、漁船を含めると1日に約1千隻が航行する。S字に屈曲しており、最も狭い「早鞆瀬戸はやとものせと)」は航路幅約500メートル、流は最速で時速20キロ前後になる難所。多くの船の航行速度とほぼ同じ速さにあたり、前に進めなくなる船もある。

(2019-10-09 朝日新聞 朝刊 山口・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

百科事典マイペディアの解説

山口県下関市と福岡県北九州市門司区間の海峡。下関海峡ともいい,古くは馬関(ばかん)海峡ともいった。本州と九州を結ぶ交通の要衝で,瀬戸内海の西口に当たる。北東方向の断層性海峡で,南西は彦島〜門司間の大瀬戸(幅1.2km),北東は早鞆(はやとも)ノ瀬戸をなす。下関側の唐戸〜門司間に航路があり,大瀬戸の海底に関門鉄道トンネル,早鞆ノ瀬戸の海底に関門国道トンネルが通じる。1964年まで国鉄の関門連絡船が運航していた。国道トンネルの交通量が急増したため,早鞆ノ瀬戸に長さ1068mの関門橋(1973年完工)が建設された。新幹線の新関門トンネル(18.713km)も1974年完成。
→関連項目岩松助佐衛門北九州[市]瀬戸内海壇ノ浦潮流信号所門司[区]門司関

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

本州西端の山口県下関市と九州北端の福岡県北九州市との間の海峡。下関海峡ともいい,古くは馬関海峡と呼ばれた。瀬戸内海の西口にあたり,内海側の周防(すおう)灘と外海側の響(ひびき)灘を結ぶ重要な水路となっている。東は部崎(へさき),満珠島付近から西は馬島,六連(むつれ)島付近までの約25kmの間の狭隘な水域で,国際航路が集中し,現在幅500m,水深12mの海峡航路が整備され,強制水先区域となっている。下関市の壇ノ浦と北九州市門司の和布刈(めかり)の間の幅約700mの最狭部は早鞆(はやとも)ノ瀬戸として知られ,潮流は最高8ノットに達する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

本州最西端と九州北端の間の狭い海峡。下関海峡(しものせきかいきょう)ともいう。瀬戸内海の西口にあたり、周防灘(すおうなだ)と響灘(ひびきなだ)とを結ぶ、西日本の海上交通上もっとも重要な水路となっている。最狭部は下関市壇之浦(だんのうら)と北九州市門司(もじ)の和布刈(めかり)との間で、早鞆ノ瀬戸(はやとものせと)という。幅約650メートル、水深20メートル、潮流最高8ノットで、大潮時には1.6メートルにも及ぶ水位差を生ずる。大陸および北九州と阪神とを結ぶ航路が集中し、航路上の難所として知られており、幅500メートル、水深15メートルとして整備されている海峡航路は強制水先区域となっている。この海峡の西口には、彦島(ひこしま)(面積9.8平方キロメートル)があって、その下関側は小瀬戸、門司側は大瀬戸に分かれるが、彦島の東の沖ノ洲一帯が1942年(昭和17)広大な埋立地に変わり、小瀬戸は下関漁港の入口となったので、大瀬戸がこの海峡の西口となっている。大瀬戸の海底部は42年に開通した山陽本線の鉄道トンネルが貫通している。一方、最狭部の早鞆ノ瀬戸の海底部にも関門国道トンネル(1958年開通)と新幹線の新関門トンネル(1975年開通)が貫通する。海峡をまたいでは中国自動車道と九州自動車道とを結ぶ自動車専用橋(6車線)の関門橋(1973年開通)が架かり、海底、海上、陸上(橋梁(きょうりょう))の三重の立体交通構造をもつのは世界でもほかに例がない。海峡を挟んで、港湾都市の下関と門司とが相対し、北九州工業地帯が展開している。関門海峡を大観するには、下関側の壇之浦からロープウェーで上る火の山公園が絶好の展望台で、夜の海峡を彩る「100万ドルの夜景」もすばらしい。[三浦 肇]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

瀬戸内海西門にあたる海峡。本州西端下関市と九州北東端北九州市門司区との間にあり、周防灘と響灘を結ぶ。最狭部を早鞆瀬戸(はやとものせと)といい、特に潮の流れが速い。下関海峡。馬関海峡。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関門海峡の関連情報