寄港地(読み)キコウチ

デジタル大辞泉プラス「寄港地」の解説

寄港地

フランスの作曲家ジャック・イベールの管弦楽用組曲(1922)。原題《Escales》。第一次世界大戦中、海軍士官として地中海を航海したイベールの体験に基づいて作曲された。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

精選版 日本国語大辞典「寄港地」の解説

きこう‐ち キカウ‥【寄港地】

〘名〙 が寄港する土地。〔英和商業新辞彙(1904)〕
※海に生くる人々(1926)〈葉山嘉樹〉一四「寄港地毎に遊廓に行った」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

プラスチックワード

意味のあいまいなままに、いかにも新しい内容を伝えているかのように思わせる言葉。プラスチックのように自由に組み合わせ、さまざまな分野で手軽に使える語をさす。ドイツの言語学者ベルクゼンが提唱。「国際化」「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android