不可避窒素損失

栄養・生化学辞典の解説

不可避窒素損失

 タンパク質(窒素)を摂取しない場合でも,われわれは糞や尿に窒素を排泄する.この量は,通常,無タンパク質食を摂取しはじめて約1週間後にみかけ上ほぼ一定の量になる.このときに排泄される窒素を不可避窒素損失といいその量を不可避窒素損失量という.この窒素が排出される経路は,尿(20歳代男子で,34mgN/日との測定値がある),糞(同12mg/日),その他抜け落ちる毛髪など皮膚(同10mg/日),その他(同2mg/日)とされる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android