コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不可避窒素損失

1件 の用語解説(不可避窒素損失の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

不可避窒素損失

 タンパク質(窒素)を摂取しない場合でも,われわれは糞や尿に窒素を排泄する.この量は,通常,無タンパク質食を摂取しはじめて約1週間後にみかけ上ほぼ一定の量になる.このときに排泄される窒素を不可避窒素損失といいその量を不可避窒素損失量という.この窒素が排出される経路は,尿(20歳代男子で,34mgN/日との測定値がある),糞(同12mg/日),その他抜け落ちる毛髪など皮膚(同10mg/日),その他(同2mg/日)とされる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

不可避窒素損失の関連キーワード安全摂取量易動性タンパク質正味タンパク質利用率代謝性糞中窒素タンパク質窒素タンパク質の安全摂取レベルタンパク質必要量内因性窒素内因性尿中窒素非タンパク質窒素

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone