コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不承認主義 ふしょうにんしゅぎ

2件 の用語解説(不承認主義の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

不承認主義
ふしょうにんしゅぎ

スチムソン・ドクトリン」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

不承認主義
ふしょうにんしゅぎ
doctrine of non-recognition

正統性(一定の価値基準)または合法性に照らして、新国家、新政府、領域取得等を承認しないという主義。国際法上種々の形で主張されたが、もっとも代表的なのは、1932年1月、「満州国」の成立に関連し、時のアメリカ国務長官スティムソン不戦条約(1928)に違反するような手段によりもたらされたいかなる事態、条約、協定をも承認しない旨声明した、いわゆるスティムソン主義Stimson doctrineである。このドクトリンは国際連盟総会決議(同年3月)や米州諸国間の「国の権利義務に関する条約」(1933)でも確認された。同趣旨のことは第二次世界大戦後の各種国際文書のなかにも取り入れられている。
 以上とは別に、近年、民族自決原則違反や人種隔離政策=アパルトヘイト禁止原則違反を理由として新しいタイプの不承認主義も登場している。たとえば、1965年南ローデシアで少数者である白人が中心になって一方的に独立し、人種差別的少数者支配を推し進めようとした際、国連安全保障理事会は同年11月および爾後(じご)の決議を通してスミス非合法政権を否認するよう推進した。[内田久司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone