不洒落(読み)ブシャレ

デジタル大辞泉の解説

ぶ‐しゃれ【不×落】

[名・形動ナリ]へたな洒落。わるふざけ。また、そのような言動をするさま。
「―な文句だ」〈洒・娼妓絹籭〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶしゃれ【不洒落】

( 名 ・形動 )
下手なしゃれ。また、それを言ったりするさま。 「 -な文句だ/洒落本・娼妓絹籭」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぶ‐しゃれ【不洒落】

〘名〙 (形動)(「ぶじゃれ」とも) しゃれにもならないしゃれ。下手なしゃれ。わるふざけ。また、そのさま。
洒落本・跖婦人伝(1753)「このいやしさ。さもしさ。ぶ洒(シャレ)な女郎の勤を捨て高尾さまも夜鷹がましなり」

ぶ‐しゃ・れる【不洒落】

〘自ラ下一〙 (「ぶじゃれる」とも) 下手なしゃれを言う。悪ふざけや、気のきかない言動をする。天明(一七八一‐八九)頃、江戸吉原丁子屋の流行語。
※洒落本・通言総籬(1787)一「丁子やがはてな、ぶしゃれまいぞ、おたのしみざんす」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android