コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

跖婦人伝 せきふじんでん

1件 の用語解説(跖婦人伝の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

せきふじんでん【跖婦人伝】

洒落本。泥郎子(でいろうし)作。1749年(寛延2)成立。3巻3冊。泥郎子の正体は国学者山岡浚明(まつあけ)か。内容は,お跖と呼ばれる夜鷹が当時の吉原の内側を暴く説話(《荘子》盗跖篇のパロディ)と,〈色説〉と称する色道遊興論(《老子》のもじり)の2部より成る。本書の刊行は以後の江戸文壇に大きな刺激となり,遊里好色の談論を扱う洒落本の世界は活況を呈し始める。文学史的意義の大きい作である。【中野 三敏】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

跖婦人伝の関連キーワード信達騒動信達一揆吉田藩(三河国)博多あまおう大塚家具アペール大田南畝お園六三遠羅天釜グリーンパーク

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone