コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

跖婦人伝 せきふじんでん

1件 の用語解説(跖婦人伝の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

せきふじんでん【跖婦人伝】

洒落本。泥郎子(でいろうし)作。1749年(寛延2)成立。3巻3冊。泥郎子の正体は国学者山岡浚明(まつあけ)か。内容は,お跖と呼ばれる夜鷹が当時の吉原の内側を暴く説話(《荘子》盗跖篇のパロディ)と,〈色説〉と称する色道遊興論(《老子》のもじり)の2部より成る。本書の刊行は以後の江戸文壇に大きな刺激となり,遊里好色の談論を扱う洒落本の世界は活況を呈し始める。文学史的意義の大きい作である。【中野 三敏】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

跖婦人伝の関連キーワード洒落本辰巳之園異素六帖郎子契情買虎之巻大抵御覧茶表紙不洒落不洒落る老獪

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone