コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不燃木材 フネンモクザイ

2件 の用語解説(不燃木材の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふねん‐もくざい【不燃木材】

木材をリン酸系・ホウ酸系の薬剤で処理し、通常の火災では一定時間燃焼・変形せず、有害なガスを発生しないなどの特性を持たせた木材。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

不燃木材

ホウ酸系やリン酸系などの薬剤を木材に染みこませ、乾燥させて製造される建築材料。2000年6月施行の改正建築基準法で、防火性能などが一定の基準を満たせば、木材でも「不燃」として使用を認める「性能規定」が導入され、大臣認定を取得する動きが広がった。同法と施行令で定める防火性能の基準は、初期火災に相当する約750度の熱を加えた際の総発熱量で3ランクに分かれ、(1)20分間熱しても基準値(1平方メートルあたり8メガジュール)以下の場合は「不燃」(2)10分間で「準不燃」(3)5分間の場合は「難燃」となる。認定番号が同一であれば、薬剤や製造方法も同じだ。

(2011-06-29 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

不燃木材の関連キーワード院外処方肝に染みる写真染単方身に染みる核酸系調味料高シュウ酸尿防火木材安息香酸系除草剤ホウケイ酸系ガラス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone