不等筋類(読み)ふとうきんるい

精選版 日本国語大辞典「不等筋類」の解説

ふとうきん‐るい【不等筋類】

〘名〙 軟体動物二枚貝綱の一群。イタヤガイ・アコヤガイ・イガイタイラギなどが含まれる。貝殻の前後筋痕は大きさが不等で、後筋痕が大きいか、後筋痕のみになる。内面真珠光沢のあるものが多い。糸鰓類や翼形類とほぼ同義。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android