与那国島の祭事の芸能

デジタル大辞泉プラスの解説

与那国島の祭事の芸能

沖縄県与那国島に伝承されるさまざまな祭事芸能の総称。日本最西端の島として、南方文化、中国文化、琉球王朝文化が混合した独自の文化を継承している与那国島では、島内十二の御嶽(うたき)(神が降りる聖域)で年間を通じさまざまな祭祀が行われている。その際披露される芸能は古式をよくとどめ芸能史的にも貴重なもので、1985年、国の重要無形民俗文化財に指定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android