コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

与那国島の祭事の芸能

1件 の用語解説(与那国島の祭事の芸能の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

与那国島の祭事の芸能

沖縄県与那国島に伝承されるさまざまな祭事芸能の総称。日本最西端の島として、南方文化、中国文化、琉球王朝文化が混合した独自の文化を継承している与那国島では、島内十二の御嶽(うたき)(神が降りる聖域)で年間を通じさまざまな祭祀が行われている。その際披露される芸能は古式をよくとどめ芸能史的にも貴重なもので、1985年、国の重要無形民俗文化財に指定されている。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

与那国島の祭事の芸能の関連キーワード与那国島与那国空港祖納港アヤミハビル館与那国[町]与那国島への陸上自衛隊配備沖縄県八重山郡沖縄県八重山郡与那国町与那国沖縄県八重山郡与那国町与那覇しづ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone