コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

与那国島 よなぐにじま

7件 の用語解説(与那国島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

与那国島
よなぐにじま

沖縄県西端,那覇市の南西約 510km,与那国町に属する日本最西端の島。晴天時にはタイワン (台湾) の山々が望める。中新世の砂岩,頁岩から成る中部の丘陵性山地には,最高点の宇良部岳 (うらぶだけ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

よなぐに‐じま【与那国島】

沖縄県西部、八重山諸島西端の島。日本最西端の東経122度56分に位置する。面積約30平方キロメートル

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

与那国島【よなぐにじま】

沖縄県八重山列島西端の島。東経122°56′,北緯24°27′にある日本最西端の島で,晴れた日には台湾が望まれる。面積28.95km2。宇良部岳(231m)を最高点とする第三紀層の山地があり,周囲に隆起サンゴ礁台地が発達,海岸はサンゴ礁に囲まれる。
→関連項目与那国[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

よなぐにじま【与那国島】

沖縄県八重山列島の島で,西表(いりおもて)島の西方約70kmにあり,日本の最西端に位置する。西方約100kmには台湾があり,晴天時には望見できる。1島で沖縄県八重山郡与那国町をなし,人口1801(1995)。面積28.52km2,周囲29.54kmの東西に長い楕円状の島で,東に宇良部(うらぶ)岳(231m),西に久部良(くぶら)岳(192m)があり,山地の周縁には琉球石灰岩からなる段丘地形が形成されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

よなぐにじま【与那国島】

沖縄県八重山諸島西端の島。日本最西端に位置する。一島で与那国町をなす。面積約30平方キロメートル。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔沖縄県〕与那国島(よなぐにじま)


沖縄県八重山(やえやま)列島に属する日本最西端の島。面積28.8km2。1島で与那国町をなす。宇良部(うらぶ)岳(標高231m)を最高点とする山地と隆起珊瑚礁(さんごしょう)の台地からなる。周囲は海食崖(かいしょくがい)が発達。世界最大級のガのヨナグニサンや在来種のヨナグニウマが生息。カジキマグロの突()きん棒()漁が盛んで、近年は釣り・ダイビングなどの観光客が増加。石垣(いしがき)島から船便、航空便がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

与那国島
よなぐにじま

日本最西端の島で、沖縄県八重山(やえやま)列島に属する1島1町(与那国町)。面積28.84平方キロメートルで、最高点は宇良部(うらぶ)岳の231メートルで山地と台地からなる。農水産業が中心であるが、台湾と近接するため古来から貿易が盛んで、近年航路が開かれた。世界最大級のガといわれるヨナグニサンが生息する。石垣島から空便・船便がある。人口1567(2009)。[目崎茂和]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の与那国島の言及

【人頭税】より

…1人当りの租税負担額に応じた反布を織らせるためにきびしい監督体制が設定されていたが,そのとき生産された布が今に伝わる〈宮古上布〉〈八重山上布〉である。過酷な税制度であったため各地に悲劇的なエピソードが伝わっているが,中でも宮古の〈人頭税石〉,与那国(よなぐに)島の〈久部良割(くぶらばり)〉は有名である。前者はその石の高さになると人頭税が課されたと伝え,後者は税負担に耐えかねて島中の妊婦に割れ目をとばせ人口調節を行ったと伝える。…

※「与那国島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

与那国島の関連キーワード八重山諸島八重山八重山上布八重山吹八重山日報八重山毎日新聞沖縄県八重山郡竹富町小浜沖縄県八重山郡竹富町崎山沖縄県八重山郡沖縄県八重山郡与那国町

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

与那国島の関連情報