コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世に在り ヨニアリ

デジタル大辞泉の解説

世(よ)に在・り

この世に生きている。生存している。また、この世に生き長らえる。
「―・るまじき心地のしければ」〈竹取
世間に認められる。
「―・る僧どもの」〈宇治拾遺・一五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

よにあり【世に在り】

この世に実在する。また、生存する。
世間で重んじられる。世の人に認められる。栄える。 「それぞ-・る人の手はみな見知りて侍らむ/枕草子 184

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世に在りの関連キーワード枕草子世・代宿昔

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android