世上の毀誉は善悪にあらず(読み)せじょうのきよはぜんあくにあらず

精選版 日本国語大辞典の解説

せじょう【世上】 の 毀誉(きよ)は善悪(ぜんあく)にあらず

世間でけなしたりほめたりするのは、必ずしもその事の善悪によるものではない。
※太平記(14C後)三九「世上の毀誉は善悪に非ず。人間の用捨は、貧福に在とは、今の時をや申べき」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android