世上(読み)セジョウ

デジタル大辞泉の解説

せ‐じょう〔‐ジヤウ〕【世上】

世の中。世間。「世上のうわさ」
あたり一面。四方。
「―も静まりて門に立ちよれば」〈浮・一代男・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

せ‐じょう ‥ジャウ【世上】

〘名〙
① 世の中。世間。俗世間。
※田氏家集(892頃)上・春日仮景訪同門友人「世上崎嶇多失脚、花前暗淡不心」
※太平記(14C後)二「世上乱れたる時節(をりふし)なれば、野心の者共の取り進(まゐ)らする事もやとて」
※浮世草子・色里三所世帯(1688)中「もはや此御供なりがたし。世上(セジャウ)にかかる事望みの人も有べしと」 〔陶潜‐擬古詩〕
② あたり一面。近辺。四方。
※経国集(827)一四・漁歌〈嵯峨天皇〉「渓辺垂釣奈楽何、世上無家水宿多」
※浮世草子・好色一代男(1682)二「世上もしづまりて門に立よれば、内よりくぐりをあけ懸、是へ御入候へ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報