コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

用捨 ヨウシャ

デジタル大辞泉の解説

よう‐しゃ【用捨】

用いることと、捨てること。取捨。また、その判断力。
「政(まつりごと)の善悪を見るには、賢臣の―を見るにしかず」〈太平記・一三〉
必要としないこと。やめること。
「年せんさくは―あるべし」〈浮・一代男・二〉
容赦(ようしゃ)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

用捨の関連キーワード継ぎ歌・続ぎ歌・継歌・次歌姫路藩寛延一揆岩田伊左衛門建武式目条々わざくれ心新潟(市)和歌八重垣鈴木源之丞阿弥陀胸割きしめん大聖寺藩奥浄瑠璃引っ切り柳亭種彦千家新流浜田藩用捨箱手余地年詮索うどん

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android