コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

用捨 ヨウシャ

デジタル大辞泉の解説

よう‐しゃ【用捨】

用いることと、捨てること。取捨。また、その判断力。
「政(まつりごと)の善悪を見るには、賢臣の―を見るにしかず」〈太平記・一三〉
必要としないこと。やめること。
「年せんさくは―あるべし」〈浮・一代男・二〉
容赦(ようしゃ)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

用捨の関連キーワード継ぎ歌・続ぎ歌・継歌・次歌姫路藩寛延一揆建武式目条々岩田伊左衛門わざくれ心新潟(市)鈴木源之丞和歌八重垣阿弥陀胸割きしめん大聖寺藩柳亭種彦引っ切り奥浄瑠璃千家新流浜田藩年詮索手余地用捨箱うどん

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android