コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

善悪 ゼンアク

デジタル大辞泉の解説

ぜん‐あく【善悪】

連声(れんじょう)で「ぜんなく」「ぜんまく」とも》
[名]善と悪。よいこととわるいこと。また、善人と悪人。「善悪の区別」
[副]《「善であろうが悪であろうが」の意から》いずれにせよ。また、とにもかくにも。是が非でも。
「これからは、否でも応でもよい所へありつくるほどに、―お供申すぞ」〈虎清狂・猿座頭

ぜん‐なく〔‐アク〕【善悪】

ぜんあく」の連声(れんじょう)

ぜん‐まく〔‐アク〕【善悪】

ぜんあく」の連声(れんじょう)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぜんあく【善悪】

〔連声れんじようして「ぜんなく」「ぜんまく」とも〕
( 名 )
善と悪。また、善人と悪人。よしあし。 「 -をわきまえる」
( 副 )
よきにつけ、あしきにつけ。どうあろうとも。是非とも。 「さては-為義まづ命を捨て/保元

ぜんなく【善悪】

「ぜんあく(善悪)」の連声。

ぜんまく【善悪】

〘仏〙「ぜんあく」の連声。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

善悪の関連キーワード人のふり見て我がふり直せバリュージャッジメント朱に交われば赤くなる黒白を明らかにする善悪の生を引く白黒をつけるハルマゲドン黒白をつける黒白を弁ぜず是非も無い白浪五人女是が非でも黒白を争う五道の冥官生得の報い天は見通し因果応報吉左右最高善鑑識眼

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

善悪の関連情報