コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世俗画 せぞくが

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

世俗画
せぞくが

非宗教的な主題,すなわち風景や風俗を描いた絵画。日本の風景・風俗画,特に平安・鎌倉時代のそれはやまと絵と呼ばれることが多いが,歴史的な語義との間に矛盾を生じるので,より一般的な概念として世俗画の語が用いられるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世俗画の関連キーワードベッリーニ(Giovanni Bellini)平安時代の美術ギルランダイオ扇面法華経冊子扇面古写経飛鳥部常則秋山光和百済河成巨勢弘高巨勢派絵仏師色紙形洋風画

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android