世界統計の日

デジタル大辞泉プラスの解説

世界統計の日

国際デーのひとつ。国際社会において公的統計が果たしてきた役割と重要性をあらためて認識し、さらなる関心を高める目的で、国連統計委員会が制定。第1回実施は2010年10月20日。以後、5年おきの10月20日に実施。英語表記は《World Statistics Day》。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

GAFA

グーグル(Google)、アップル(Apple)、フェースブック(Facebook)、アマゾン(Amazon)の4社のこと。頭文字を取って称される。いずれも米国を代表するIT企業であり、4社は世界時価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android