コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際社会 こくさいしゃかいinternational society

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国際社会
こくさいしゃかい
international society

国境によって細かい部分に分断されながらも,さまざまな構成部分の間に国境を越えた有機的な交流があり,その交流を基礎として一定の地理的広がりのなかに成立している社会。厳密な学術的見地からは国際体系とも呼ばれる。主たる構成単位は,独立主権の国民国家であるが,国家に限らず国際連盟国際連合のような国際組織,ヨーロッパ連合 EUのような地域共同体,多国籍企業地方自治体,民間団体,私人なども構成単位といえる。今日の全地球的・全人類的国際社会の原形は近代ヨーロッパに形成された国際社会である。国内社会と比較した場合の国際社会の特徴は,全体の公権力が存在しないことで,そのため法秩序は主たる構成単位である国家の合意にのみ依存している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

国際社会の関連キーワードsuper global high school物品役務相互提供協定(ACSA)アルバート・H. キャントリル社会主義インターナショナルセカンダリーサンクションナショナルプレステージA. アブデル・マレクパクスコンソーシャム共愛学園前橋国際大学国際平和共同対処事態エコノミックアニマルジャパン&ワールド平和構築と法の支配R. ウォルムス国際社会保障協会グローバル人材国際平和支援法COMISCO積極的平和主義ラウターパクト

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国際社会の関連情報