両輪髷(読み)りょうわわげ

精選版 日本国語大辞典「両輪髷」の解説

りょうわ‐わげ リャウわ‥【両輪髷】

〘名〙 江戸中期から明治にかけて、主として京坂地方で流行した女性のの結い方の一つ。を二つ作って笄(こうがい)をさし、余りの垂れ毛を巻き上げたもの。両手髷。〔随筆守貞漫稿(1837‐53)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android