コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

並木荘次 なみき そうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

並木荘次 なみき-そうじ

?-? 江戸時代中期の歌舞伎作者。
初代並木正三の門下で,医師を業とするかたわら作品をかく。宝暦(1751-64)の末ごろ,大坂の浜芝居にはじめてつとめる。のち立作者となった。大坂の人。本名は半井宗治。号は宗治,宗子,荘二とも。作品に「容競唐土噺(すがたくらべもろこしばなし)」「関取二代勝負附(せきとりにだいのしょうぶづけ)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android