コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浜芝居 ハマシバイ

デジタル大辞泉の解説

はま‐しばい〔‐しばゐ〕【浜芝居】

江戸時代、大坂道頓堀浜側(北側)にかかった小芝居。転じて、大阪で一般に小芝居をいう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はましばい【浜芝居】

近世、大坂の道頓堀や天満の河岸にかけた小芝居。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の浜芝居の言及

【小芝居】より

…引幕が使えないので緞帳(どんちよう)を使っていたために緞帳芝居の称もある。また,大坂では道頓堀の堀側に小芝居が並んでいたので浜芝居と呼ばれた。1872年(明治5)に東京府が劇場の数を10ときめてからは,道化手踊などの認可で,その実,芝居を見せていたものを小芝居といった。…

※「浜芝居」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

浜芝居の関連キーワード並木正三(なみきしょうざ)中村吉右衛門(旧・2代)中村仲蔵(上方系・初代)市川 鰕十郎(5代目)市川 男女蔵(3代目)奈河七五三助(2代)大谷友右衛門(初代)坂東三津五郎(初代)榊山四郎太郎(5代)奈河七五三助(3代)桐野谷権十郎(4代)市川男女蔵(3代)中村京十郎(3代)市川鰕十郎(3代)坂東国五郎(4代)中山文五郎(3代)百村友九郎(初代)沢村源之助(3代)百村友九郎(2代)瀬川菊三郎(初代)

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android