並河魯山(読み)なみかわ ろざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

並河魯山 なみかわ-ろざん

1629-1711* 江戸時代前期の儒者。
寛永6年生まれ。尾張(おわり)名古屋藩の堀杏庵(きょうあん)にまなぶ。易,太極説に精通。名古屋藩主徳川光友・綱誠(つななり)につかえる。医学もよくした。宝永7年11月29日死去。82歳。名は子健。字(あざな)は徳脩。通称は自晦。別号に釣耕軒。姓は「なびか」ともよむ。著作に「武家系図」「帰尾日録」など。

並河魯山 なびか-ろざん

なみかわ-ろざん

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

渋谷フクラス

東京・渋谷の道玄坂エリアに建設される、商業施設とオフィスからなる新複合施設。東急グループが進める渋谷駅周辺再開発プロジェクトの一環として、2015年に閉館した商業施設「東急プラザ渋谷」の跡地を含む一帯...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android