コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀杏庵 ほりきょうあん

7件 の用語解説(堀杏庵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

堀杏庵
ほりきょうあん

[生]天正13(1585).5.23. 近江
[没]寛永19(1642).11.20.
江戸時代初期の朱子学者。名は正意,字は敬夫,通称は与十郎,別号は杏隠,蘇巷。医師堀徳印の子。7歳のとき京都に出て藤原惺窩に朱子学を学び,林羅山,松永尺五那波活所とともに惺窩門下の四天王と称された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほり‐きょうあん〔‐キヤウアン〕【堀杏庵】

[1585~1642]江戸初期の儒学者。近江(おうみ)の人。名は正意(まさおき)。儒学を藤原惺窩(ふじわらせいか)に学んだ。寛永8年(1631)より尾張藩儒官、のち、幕命で「寛永諸家系図伝」を編纂(へんさん)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

堀杏庵【ほりきょうあん】

江戸初期の朱子学者,医者。名は正意,字は敬夫。近江(おうみ)の人。藤原惺窩(せいか)に学び,林羅山(らざん)・松永尺五(せきご)・那波活所(なわかっしょ)とともに惺窩門下の四天王といわれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀杏庵 ほり-きょうあん

1585-1643* 江戸時代前期の儒者。
天正(てんしょう)13年5月28日生まれ。医学を曲直瀬正純(まなせ-しょうじゅん)に,儒学を藤原惺窩(せいか)にまなぶ。安芸(あき)広島藩主浅野長晟(ながあきら),尾張(おわり)名古屋藩主徳川義直につかえた。晩年,幕命で「寛永諸家系図伝」を編集。寛永19年11月20日死去。58歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。名は正意。字(あざな)は敬夫。通称は与十郎。別号に杏陰。著作に「杏陰集」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

堀杏庵

没年:寛永19.11.20(1643.1.10)
生年:天正13.5.28(1585.6.25)
江戸時代前期の儒学者。名は正意,字は敬夫,通称は与十郎。杏庵,杏隠,蘇巷,敬庵,茅山山人と号した。祖父定澄は近江国(滋賀県)野村城主。父徳印は曲直瀬道三門の医師。医学を曲直瀬正純に,儒学を藤原惺窩に学ぶ。林羅山,那波活所,松永尺五と惺窩門四天王と称された。はじめ,紀伊の浅野幸長に仕え,次いで,浅野長晟に従って広島に移った。のち,徳川義直の懇望で尾張に移り,藩儒として活躍。晩年,幕命で『寛永諸家系図伝』の編集に当たる。惺窩没後の門弟間の確執調停に当たるなど,温厚篤実な人物であった。<著作>『杏陰集』<参考文献>原念斎『先哲叢談

(柴田純)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ほりきょうあん【堀杏庵】

1585~1642) 江戸初期の儒医。近江の人。儒学を藤原惺窩せいか、医を曲直瀬まなせ正純に学ぶ。安芸藩、次いで尾張藩に仕え法眼に進む。晩年、幕命により江戸に出て大名諸家の系図を編纂へんさん

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

堀杏庵
ほりきょうあん
(1585―1642)

江戸前期の儒学者。医者堀徳印の子。近江(おうみ)国(滋賀県)生まれ。名は正意(まさおき)、字(あざな)は敬天、別号杏隠。京都の藤原惺窩(ふじわらせいか)に師事し、林羅山(はやしらざん)・松永尺五(まつながせきご)・那波活所(なわかっしょ)とともに惺窩門下の四天王と称された。医を曲直瀬正純(まなせまさずみ)(1559―1605)に受け、国典や詩歌にも長じ、紀州藩主浅野幸長(あさのよしなが)に仕えた。浅野家転封で広島に行き、1631年(寛永8)に尾張(おわり)藩主徳川義直(とくがわよしなお)に仕えて儒官となる。のち幕命により弘文院にあって『寛永(かんえい)諸家系図伝』の編集を林羅山と担当した。[今中寛司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の堀杏庵の言及

【漢詩文】より

…【玉村 竹二】
【近世】
 近世初期,漢詩文を制作するうえで必要とされる漢語その他中国文化万般にわたる知識をもっとも豊富に有していたのは儒者であったから,近世における漢詩文の歴史は,儒者の余技という形で出発した。すなわち近世最初の儒者である林羅山,松永尺五(せきご),堀杏庵,那波活所(なわかつしよ)などが,同時に近世最初の漢詩人でもあった。したがってその文学活動は,彼らの奉じた朱子学の文学観の影響を強く受け,知識人の重んずべきは儒学であって,詩文は第二義の営みにすぎないという消極的な位置づけと,詩文は道徳に資するものでなければならないという道学主義との拘束のもとにあった。…

※「堀杏庵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

堀杏庵の関連キーワード三宅擔庵正意脇屋蘭室大町敦素木下浄庵斎藤鶴磯周哲正山山崎蘭洲山名雲巌

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone