コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名古屋藩(読み)なごやはん

百科事典マイペディアの解説

名古屋藩【なごやはん】

尾張(おわり)名古屋に藩庁を置いた親藩三家の一つ。尾張藩とも。藩領は,尾張一国と美濃・信濃・三河・近江(おうみ)・摂津(せっつ)の一部を含む大藩。藩高は61万9500石。初め1600年徳川家康の四男松平忠吉が52万石の清洲(きよす)城主となるが,尾張徳川家の祖となったのは1607年入封の家康の九子義直。1610年義直は名古屋城を築き,士民を名古屋に移す。8代将軍は同じ御三家の一つの紀伊の吉宗がなったため,尾張藩主宗春は幕府に反感をもち享保改革に反対し,名古屋には独特の華美な風俗が栄えた。1849年14代藩主となった慶勝は名君であり,藩政改革,幕末政局に活躍し,維新政府の議定や名古屋藩知事を務めた。支藩に美濃高須藩がある。
→関連項目鸚鵡籠中記尾張国名古屋城福島

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の名古屋藩の言及

【尾張藩】より

…藩祖義直以後光友,綱誠(つななり),吉通,五郎太,継友,宗春,宗勝,宗睦(むねちか),斉朝,斉温(なりはる),斉荘(なりたか),慶臧(よしつぐ),慶勝,茂徳(もちなが),義宜(よしのり)と続き,尾張徳川家の当主は〈尾張殿〉と公称された。1869年(明治2)6月義宜は版籍を朝廷に奉還し,名古屋藩知事を拝命した。260年以上にわたる藩政史で注目されるのはまず寛文期(1661‐73)。…

※「名古屋藩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報