中を取る(読み)なかをとる

精選版 日本国語大辞典「中を取る」の解説

なか【中】 を 取(と)

中間をとる。庸をとる。折衷する。
※新撰六帖(1244頃)二「あるはなくなきはあるの中をとれさてぞのさとりとはなる〈藤原光俊〉」
② 間へはいる。中へはいる。仲裁する。
※春泥(1928)〈久保田万太郎向島「小倉はしづかに中をとって」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android